【おすすめ本シリーズ⑮】復讐ゲーム【青葉優一】

スポンサーリンク
おすすめ本

今回のおすすめ本は「復讐ゲーム」です。

学校生活を満喫していた4人の高校生が他の教師、生徒と共にある人物の復讐劇に巻き込まれる。

人間を駒に見立てた人間将棋は、駒が奪われるとその人は殺されてしまうという残酷なものだった。

スポンサーリンク

小説の紹介

  • タイトル 復讐ゲーム 2015年
  • 作者   青葉 優一
  • ジャンル ミステリー

あらすじ

将棋部に所属する南と後藤は、お互いの彼女とダブルデートを行うなど、高校生
活を満喫していた。

そんな折、文化祭の準備の為に学校に泊まり込んでいた夜にある人物の復讐劇に巻き込まれる。

首謀者は同じ将棋部でいじめの為、不登校になっていた人物だった。

2人はいじめに加担していなかったが、他の教師や加害者生徒と共に復讐のターゲットにされる。

謎の協力者のもと大掛かりな装置で行う復讐とは。

おすすめポイント

「復讐ゲーム」は青春を謳歌する前半と復讐劇が始まる後半で、まるで別の小説です。

いじめの首謀者や隠蔽を行った教師への復讐というのは、よくある設定ですが
その方法で副題にもなっているリアル人間将棋は、かなり残酷で無慈悲な設定です。

将棋がメインのお話ですが、ルールを知らなくてもすんなり読む事が可能です。

特にリアル人間将棋が始まってからは、心理面の描写が中心でおすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました