【おすすめ本シリーズ㉖】ルパンの消息【横山秀夫】

スポンサーリンク
おすすめ本

今回のおすすめ本は横山秀夫のルパンの消息です。

スポンサーリンク

小説の紹介

  • タイトル ルパンの消息 2005年
  • 作者   横山秀夫
  • ジャンル ミステリー

あらすじ

15年前に女性教師が自分の勤務する高校で自殺した件について、時効前日に実
は殺人事件だったという謎の情報が警察に寄せられる。

時間が限られる中、警察は当時その高校に通っていた男子生徒で不良仲間の3人
を関係者として取り調べる。

当時期末テストの問題を深夜の学校に忍び込んで盗み出す「ルパン作戦」を決行
していた3人だったが、取り調べを受け15年前の記憶を呼び戻すうちに怪しい
人物の存在に気付いていく。

時効が迫る中、警察や当時の関係者は真犯人に辿り着けるのか。

おすすめポイント

ルパンの消息はクライマーズハイや64で知られる横山秀夫の処女作です。

15年前の事件を1日で解決までもっていくという中々無理のある設定ですが、現
実世界の取り調べと15年前のストーリーが交互に描かれ徐々に引き込まれていきます。

そして途中からは3億円事件との関係性まで浮上していくなか、ラストは2回、
3回とどんでん返しがあります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました