【おすすめ本シリーズ㉚】慟哭【貫井徳郎】

スポンサーリンク
おすすめ本

今回のおすすめ本は貫井徳郎の慟哭です。

幼女連続誘拐殺人事件と新興宗教に嵌っていく男という2つのストーリーが並行して進んでいきます。

終盤に向けて並行していたストーリーが接近していき、完全に交わるラストは衝撃の展開です。

スポンサーリンク

おすすめ小説の紹介

  • タイトル 慟哭  1993年
  • 作者   貫井徳郎
  • ジャンル ミステリー

あらすじ

幼女連続誘拐殺人事件の捜査にあたる捜査一課長の佐伯はキャリアだったが、警察庁長官の娘と結婚している事などもあり、警察内では妬みの対象になる事も多かった。連続殺人事件の犯人像も見えず捜査が行き詰まる中、警察内部の不況和音は高まっていく。

また娘を失った悲しみを癒す為に新興宗教に嵌っていく松本は、自分の願いを叶えてくれる宗教として「白光の宇宙教団」へのめり込んでいく。

犯人が逮捕出来ないまま幼女連続誘拐殺人事件は続いていく中で、とうとう佐伯の1人娘がターゲットにされる。

自分の娘が誘拐され我を失う佐伯が最終的に辿り着いた衝撃の結末とは・・・

おすすめポイント

慟哭のおすすめポイントは捜査を進める佐伯と宗教に嵌っていく松本のストーリーが交互に描かれている点です。

全く接点のない2つのストーリーですが、徐々に接近していきます。

ラストに向け多くの人が犯人だと思う人物が犯人では無いのですが、実は犯人という衝撃の結末は必見です。

にほんブログ村 その他生活ブログ FIREへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました