【株主優待情報】KDDIとオリックスのカタログ優待で頼んだ商品

スポンサーリンク
投資関連

今回は優待銘柄としても人気の高いKDDIとオリックスのカタログ優待で今
年頼んだ商品を紹介したいと思います。

また、各商品について同等品のリンクを貼っていますので価格の参考にして下さい。

スポンサーリンク

保有株式の株主優待情報

まずは現在保有している銘柄の優待情報についてまとめています。

銘柄コード権利月内容
オリックス85913月5000円相当のカタログギフト
   ※3年以上継続保有で1万円相当のカタログギフトにグレードアップ
KDDI94333月3000円相当のカタログギフト
   ※5年以上継続保有で5000円相当のカタログギフトにグレードアップ
いちごグリーンインフラ投資法人92826月、12月Jリーグの観戦チケット(抽選)
JT291412月2500円相当の自社商品(1年以上保有が条件)
※KDDIとJTは、保有株数によってもグレードアップします

銘柄によっては、保有年数や株数によって優待内容が変わります。
各企業とも長く保有してくれる個人投資家を増やしたい意向が感じられます。

私が今回貰ったKDDIとオリックスのカタログ優待は、まだ保有年数が1年未満
の為、1番下のグレードですがそれでも十分立派でした。

KDDIのカタログ優待

KDDIのカタログからは、もつ鍋セットを頼みました。

KDDIのカタログ優待は各地方の名産が食品を中心に掲載されています。

讃岐もつ鍋セット

DSC_0014.JPG

国産の牛ホルモン240gに讃岐うどん2玉、鍋つゆが付いているもつ鍋セットです。

我が家では毎週日曜日に95%の確率で鍋を食べます。

そんな我が家に最適な優待でした。

オリックスのカタログ優待

オリックスのカタログ優待は、商品数も多く取り扱い品も多種多様です。
特に全国の拠点ごとに商品を選定しており、ご当地のおすすめ品を選定可能です。

オリックスは2名義で保有している為、天然ぶりとハンバーグの2品を頼みました。

天然ぶり丼の具セット

  • 天然ぶりづけ  60g×4
  • 天然ぶりごま漬け 60g×2
  • 天然ぶりなめろう 60g×1

DSC_0028.JPG
DSC_0026.JPG

天然ぶり丼セット(カワセ)

1品目は富山県代表の天然ぶり丼セットです。

味付けの違う3種類が入っており、ぶり丼やおつまみに最適でした。

【米沢牛黄木】黄木の黒毛和牛ハンバーグセット

  • デミグラスハンバーグ 3個
  • イタリアンハンバーグ 2個
  • 和風ハンバーグ    2個

DSC_0024.JPG
DSC_0025.JPG

2品目は山形県代表の米沢牛ハンバーグです。


米沢牛のハンバーグというだけで十分美味しそうなのですが、3種類のソースが
それぞれ美味しかったです。

いちごグループの優待

おまけですが、いちごグループではJリーグのチケットが抽選で貰える優待があります。

抽選確率は試合日や会場によって違うのですが、大体1%~5%前後です。

そして先日初めて当選しました。

DSC_0023.JPG

席はチケットが来るまで分からなかったのですがSS席でした。
普通に買うとなかなか良いお値段です。

Jリーグチケット価格

まとめ

個人的に株主優待はそこまで重視していない為、数はそこまで多くありませんが
やはり貰えると嬉しいものです。

特にKDDIやオリックスのカタログ優待は、想像以上に豪華でしたので別口座で
の買い増しも今後検討中です。

あわせて読みたい
2021年8月13日時点の資産状況と8月下旬相場の展望
オリンピックも無事に終了した8月上旬の相場振り返りと8月下旬相場への展望についてまとめています。
【Jリーグチケットが当たる】いちごグループの優待情報と当選確率
いちごグループの優待情報についてまとめています。抽選にはなりますが、Jリーグ約1000試合への応募が可能です。今回は、優待の応募条件や当選確率、お得な申し込み方法について綴っています。
ふるさと納税の仕組みとおすすめ返礼品3選
ふるさと納税の仕組みとやり方について簡単に解説しています。また、個人的におすすめの返礼品についてもベスト3をまとめています。
高配当株投資におすすめなREIT(リート)銘柄4選
高配当銘柄としても人気の高いREIT(リート)のメリット、デメリットや現在の配当利回りをベスト10位までまとめています。更におすすめ銘柄を4つに絞り、配当利回りや保有不動産等様々な視点で検証しています。
楽天市場のお買い物マラソンで購入おすすめ商品3選
お得に利用する事でメリットが大きい楽天市場のお買い物マラソンと個人的に購入をおすすめする商品を4品まとめています。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました