おすすめ本

スポンサーリンク
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑮】復讐ゲーム【青葉優一】

学校生活を満喫していた4人の高校生が他の教師、生徒と共にある人物の復讐劇に巻き込まれる。人間を駒に見立てた人間将棋は、駒が奪われるとその人は殺されてしまうという残酷なものだった。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑭】悪人【吉田修一】

今回のおすすめ本は、吉田修一の「悪人」です。映画化もされた作品ですが、内容はかなり重たいです。タイトルの指す悪人が誰なのかを考えながら読むことがおすすめです。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑬】高校入試【湊かなえ】

今回のおすすめ本は湊かなえの「高校入試」です。地元で有名な高校の入試前日、試験の妨害を予告される。厳重に注意して迎えた入試当日だったが、不測の事態が次々に発生し学校内は混乱していく。教師、生徒、受験生、保護者の全員が怪しく思える展開で最後に明らかになる結末とは。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑫】最後のトリック【深水黎一郎】

今回のおすすめ本は「最後のトリック」です。タイトル通りミステリー界最後のトリックとしてこの本を読んだ人全員が「読者(自分)が犯人」と思ってしまう作品です。かなり攻めている作品ですが、読み終わった後には誰もが自分を犯人と思ってしまうはずです。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑪】だから、生きる。【つんく♂】

1990年代はシャ乱Qのボーカルとして、2000年頃からはモーニング娘等の音楽プロデューサーとして活躍していたつんくだが、喉頭癌を患い声帯摘出により声を失ってしまう。この本では喉に異変を感じ始めた時から声帯摘出を決断した想いについて赤裸々に綴っています。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑩】Q&A【恩田陸】

今回のおすすめ本は恩田陸の「Q&Aです」。大型商業施設で発生した重大死傷事故の真相を究明するべく関係者への質問を行っていきますが、回答が集まっていくにつれ謎は深まっていきます。最後に明らかになる重大死傷事故の真相とは。
おすすめ本

東野圭吾おすすめ長編小説ランキングベスト10

東野圭吾長編小説のおすすめ作品をランキング形式でベスト10まで発表しています。簡単なあらすじやおすすめポイントの他、映画化やドラマ化されている作品についてもまとめています。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑧】 砂の王国【荻原浩】

今回のおすすめ本は砂の王国です。エリートサラリーマンがホームレスに転落したところから、一発逆転を目指して金儲けの為、宗教法人を立ち上げ成長させていくサクセスストーリーです。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑦】 鳩の撃退法【佐藤正午】

今回のおすすめ本は佐藤正午の鳩の撃退法です。元直木賞作家の津田伸一が現実に起こった家族3人失踪事件をもとに小説を書き進めていきますが、いつの間にか現実が小説にすり寄っていきます。津田も読者も混乱していくなか迎える結末とは。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑥】怒り【吉田修一】

今回のおすすめ本は吉田修一の「怒り」です。夫婦が惨殺されてから約1年が経過した頃、3人の怪しい人物がそれぞれ別の地域に現れる。各々がそれぞれの地域で人間関係を築いていくなか1年前の事件の犯人と重なる部分が随所に見えてくる。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました