おすすめ本

スポンサーリンク
おすすめ本

東野圭吾おすすめ長編小説ランキングベスト10

東野圭吾長編小説のおすすめ作品をランキング形式でベスト10まで発表しています。簡単なあらすじやおすすめポイントの他、映画化やドラマ化されている作品についてもまとめています。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑧】 砂の王国【荻原浩】

今回のおすすめ本は砂の王国です。エリートサラリーマンがホームレスに転落したところから、一発逆転を目指して金儲けの為、宗教法人を立ち上げ成長させていくサクセスストーリーです。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑦】 鳩の撃退法【佐藤正午】

今回のおすすめ本は佐藤正午の鳩の撃退法です。元直木賞作家の津田伸一が現実に起こった家族3人失踪事件をもとに小説を書き進めていきますが、いつの間にか現実が小説にすり寄っていきます。津田も読者も混乱していくなか迎える結末とは。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑥】怒り【吉田修一】

今回のおすすめ本は吉田修一の「怒り」です。夫婦が惨殺されてから約1年が経過した頃、3人の怪しい人物がそれぞれ別の地域に現れる。各々がそれぞれの地域で人間関係を築いていくなか1年前の事件の犯人と重なる部分が随所に見えてくる。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ⑤】プロパガンダゲーム【根本聡一郎】

今回のおすすめ本は根本聡一郎のプロパガンダゲームです。大手広告代理店の最終面接に臨む大学生に奇抜な設定の選考方法が伝えられます。戸惑いながらも選考に挑んでいく姿に気が付いたら引き込まれている作品です。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ④】夜のピクニック【恩田陸】

高校生が24時間で80km歩き続ける伝統行事に挑む様子を綴った小説。親友たちと徹夜で歩き続けるなか、繊細な世代の微妙な人間関係が浮かび上がってきます。誰もが感じた事のあるノスタルジーな世界を感じられる良質な小説です。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ③】密室殺人ゲーム王手飛車取り【歌野晶午】

チャット上で殺人事件の推理問題を出し合うというと、よくある設定に思えますが通常と大きく違うところは、ここで出される問題は全て出題者が実際に殺人を行っているという点です。常軌を逸した5人が殺人を繰り返していくなか、最終的に迎える結末とは。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ②】沈黙の町で【奥田英朗】

今回のおすすめ作品は奥田英朗の「沈黙の町で」です。平穏な中学校で発生した生徒の死亡事故。その真相をめぐり様々な憶測が飛び交う中、ラストには衝撃の真相が明らかになる。
おすすめ本

【おすすめ本シリーズ①】隠蔽捜査【今野敏】

今回のおすすめ本は今野敏の隠蔽捜査です。周囲からは変人と呼ばれるキャリア官僚の竜崎伸也が、腐れ縁の刑事部長伊丹と連続殺人事件の解決を目指す。しかし捜査の過程で衝撃の事実が発覚した為、上層部は事件の隠蔽を画策するが、竜崎は自分の信念を貫き上層部とも対立していく。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました