2021年8月13日時点の資産状況と8月下旬相場の展望

スポンサーリンク
投資関連

今回はオリンピックも無事に終了した8月上旬の相場振り返りと8月下旬相場
への展望についてまとめています。

スポンサーリンク

8月上旬相場の振り返り

日経平均は7月末と比較して約700円位高くなっています。

コロナ騒動以来、大きな懸念材料だったオリンピックが無事に終了した事は
プラス要因ですが、デルタ株の猛威が広がりコロナの感染状況は最悪の状況です。

日経平均はもう少し下がりそうな雰囲気もあるのですが、NY市場の強さもあり
底堅く推移している感じです。

ポートフォリオ(8月13日時点の資産状況)

銘柄コード平均購入単価株数現在株価評価損益権利確定配当(累計)評価損益(配当込)予定配当利回り(買値)利回り(現値)
JT29142039100216112200650018700130006.386.02
トーセイリート345111238011397002732036303095071606.375.13
ENEOS5020393.3400457.52568044003008088005.594.81
三菱UFJ8306473.9600610.581960750089460162005.704.42
三井住友83163115.3300387322731028500255810600006.425.16
オリックス85911428.52002088.51320008600140600156005.463.73
いちごオフィスリート8975697652958005207041265619683365.974.35
タカラレーベンインフラ投資法人9281119900112270028003540634068515.715.58
日本再生可能エネルギー9283106333310790047011600020701192006.025.93
いちごグリーンインフラ928262700366400111001146022560114606.095.75
カナディアンソーラインフラ投資法人92841264001126300-1003700360074505.895.90
東京インフラ投資法人928596800110220054003308870863446.556.21
エネクスインフラ投資法人92869160039900022200022200180006.556.06
ジャパンインフラファンド92879550019910036002904650458236.105.88
KDDI94332797100337357600600063600125004.473.71
ソフトバンク94341343.36001478.58112025800106920516006.405.82
VYMVYM83.4215108.174749433055079946003.492.57
合計    7944551392739337282729245.995.10
※VYMは、1ドル110.4円で換算

全体の底堅さもあり保有株の含み益も先月末と比較してプラスです。
買い増しを検討している為、もう少し調整も欲しいところですが・・・

8月下旬相場の展望

8月下旬相場の展望ですが、引き続きコロナの感染状況が1番の懸念材料です。

デルタ株の猛威が世界中で広がっており、世界的にコロナからの経済復活が
遅れてしまう可能性があります。

国内ではオリンピックが無事に終了しましたので、今後の大きなイベントは
秋に行われる衆議院選挙でしょう。

オリンピックの成功と共に支持率回復を見込んでいた菅政権ですが、コロナ
感染の拡大もあり現状は厳しい状況です。

政治の不安定要因は株式市場にも直結しますので注意が必要です。

しかし、コロナ騒動から約1年半が経過しましたが、その間ずっと大きな懸念
材料だったオリンピックが無事に終了した事は、株式市場にとっても大きな安心
材料だと思います。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました