資産状況(2021年3月13日時点)

スポンサーリンク
投資関連

3月も2週目が終わったところですので、今回は3月ここまでの相場
と現在の資産状況をまとめています。

スポンサーリンク

3月中旬までの相場感想と購入銘柄

日経平均は、瞬間的に2万8300円付近まで下がりましたが、そこからは
強い動きを取り戻し、3月12日の終値は2万9717円と3万円付近まで
戻してきました。

先月末に投稿した希望の調整ライン付近まで下がりはしたのですが、体感
としては一瞬で調整は終わってしまった感覚です。

資産状況(2021年2月末時点)と3月相場の展望
強かった2月相場の振り返りと2月末時点の資産状況、また3月相場の展望予想です。

実際に私も3月決算銘柄の購入を検討していたのですが、現状購入出来たのは
下記の銘柄です。

  • ソフトバンク(9434) 100株
  • 東京インフラファンド(9285) 1株
  • ジャパンインフラファンド(9287) 1株
  • エネクスインフラファンド(9286) 1株

3月決算の銀行株や高配当の資源株等も狙っていたのですが、いかんせん
相場が強い。

迷っている間にどんどん株価は上がり、どんどん購入しにくくなってしまい
ました。

そんな中、先日投稿する際にインフラファンドを改めて見直した事もあり
インフラファンドの魅力に改めて気づかされました。

そこで3月決算では無いのですが、上記のインフラファンドを購入しました。

※インフラファンドの投稿はこちらです

おすすめインフラファンドの利回りを比較
高配当銘柄として人気、注目度が年々増しているインフラファンド。今回はインフラファンドの仕組みとおすすめのインフラファンド銘柄の保有物件や配当利回りについてまとめています。

資産状況

現時点の資産状況は下記の通りです。

銘柄コード平均購入単価株数現在株価評価損益予定配当利回り(買値)利回り(現値)
JT291420391002020.5-1850130006.386.43
トーセイリート345111238011269001452070606.285.56
ENEOS5020393.3400504.24436088005.594.36
三菱UFJ8306473.9600594.672420150005.284.20
三井住友83163115.33003996264210570006.104.75
オリックス85911428.52001855.585400152005.324.10
いちごオフィスリート8975697652885003747083365.974.71
日本再生可能エネルギー92831060502103900-4300128006.036.16
いちごグリーンインフラ9282598002670001440076406.395.70
東京インフラ投資法人92859680019740060063446.556.51
エネクスインフラ投資法人928689400189400060006.716.71
ジャパンインフラファンド928795500196500100058236.106.03
KDDI94332797100347968200120004.293.45
ソフトバンク943413155001460.572570430006.545.89
VYMVYM83.4215100.223192345203.432.76
合計    7009232225235.864.94
※VYMは、1ドル108.8円で計算

とうとう含み益が70万円を超えました。

1番の要因は銀行株の強さですね。米国金利上昇をきっかけに株価も上がって
いますが、この辺りの事情は1度検証してみたいと思っています。

まとめ

さて、いよいよ3月権利取りまで約2週間。

恐らくこの強さのまま、4月新年度相場へと突入していく流れでしょうが
波乱はあるのでしょうか。

私もチャンスがあれば、もう少し買い増しを検討したいと思います。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました