【おすすめ本シリーズ③】密室殺人ゲーム王手飛車取り【歌野晶午】

スポンサーリンク
おすすめ本

今回のおすすめ本は、【密室殺人ゲーム王手飛車取り】です。

物騒なタイトルですが、非常に秀逸な作品です。

スポンサーリンク

小説の紹介

  • タイトル 密室殺人ゲーム王手飛車取り 2010年
  • 作者   歌野 晶午
  • ジャンル ミステリー

あらすじ

ネット上に集まった5人の人間が殺人の推理ゲームを順番に出題する。
その解答をチャットを通じて参加者が推理していくのだが、通常と大きく違う事
その殺人を出題者が実際に行っている点である。

実際に行われた殺人の為、解答者はテレビや新聞、時には実際の現場に行き出題
者からの問題を推理していく。

また、出題を繰り返していくうちに明らかになる参加者の関係性。

全くの無関係だと思われていた参加者達の関係が明らかになる時、物語はクライ
マックスを迎える。

おすすめポイント

【密室殺人ゲーム王手飛車取り】のポイントは、まず出題者が実際に行った
殺人をもとに問題を出題するというぶっ飛んだ設定です。

また、出題する問題も犯人は出題者というのはルールで決まっていますので、
犯人当てを出題にする事も出来ません。

そこで、出題者は毎回、密室の謎やアリバイ、連続殺人の場合は被害者の法則
など趣向を凝らして犯行を実行します。

内容だけを記すとかなりハードな本に思えますが、実際はキャラクターの違う
5人がチャットを通して軽妙に推理していきますので、かなり読みやすいです。

また、当然お互いの素性は明かしていませんので、全くの無関係だとお互い
思っていた5人ですが、徐々にその関係性が明らかになる展開からのラストは、
必見です。

まとめ

現在このシリーズは第3弾まで発売されています。

タイトルからは分かりにくいのですが、下記の順番で連作になっています。

  1. 【密室殺人ゲーム王手飛車取り】
  2. 【密室殺人ゲーム2.0】
  3. 【密室殺人ゲーム・マニアックス】

第1弾の終わり方から第2弾への繋げ方は見事です。

第3弾も少し趣向は変わりますが、本作品の魅力が詰まった作品です。

U-NEXTでは、シリーズを通して電子書籍で読む事も可能です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました