2021年11月12日時点の資産状況と11月下旬相場の展望

スポンサーリンク
投資関連

明日からは11月も折り返しという事で11月12日時点の資産状況と11月下旬相場の展望について
まとめています。

スポンサーリンク

11月上旬相場の振り返り

11月上旬相場の振り返りですが、日経平均は10月末と比較して約700円高です。

11月は総選挙の結果を受けて初日から750円近く上昇して始まり、途中4日続落で600円近く
下がる場面もありましたが、全体的に堅調な展開でした。

大きなイベントだった総選挙を無難に通過した事に加えNY市場が一貫して強かった事が
要因かと思います。

11月12日時点の資産状況

銘柄コード平均購入単価株数現在株価評価損益権利確定配当(累計)評価損益(配当込)予定配当利回り(買値)利回り(現値)
JT29142039100233629700650036200140006.875.99
トーセイリート345111238011311001872071602588070606.285.39
ENEOS5020393.3400450.12272088003152088005.594.89
三井物産80312387.51002567.51800045002250095003.983.70
三菱UFJ8306495.9700642.610271015600118310189005.444.20
三井住友83163115.3300386422461060000284610630006.745.43
オリックス85911428.52002361.518660016400203000156005.463.30
いちごオフィスリート8975697652864003327084104168085166.104.93
タカラレーベンインフラ92811199001116000-39003704-19668575.725.91
いちごグリーンインフラ928262700367600147001176626466118356.295.84
日本再生可能エネルギー9283106333310770041011600020101192006.025.94
カナディアンソーラインフラ92841264001124200-22003700150075005.936.04
東京インフラ928596800110200052003262846261086.315.99
エネクスインフラ92869160039520010800010800180006.556.30
ジャパンインフラファンド92879550019950040002950695058346.115.86
KDDI94333080.52003441721001850090600250004.063.63
ソフトバンク94341363.47001539.512327051600174870602006.315.59
VYMVYM83.4215110.355739445746196746003.492.43
合計    92179524342611652203105105.814.96
※VYMは1ドル114.2円で換算

保有株も10月末と比較して全体的に上昇傾向です。

本格化している決算でも業績は好調な銘柄が多いです。

好調な決算を受けて株価が上がるかは別問題ですが、増配発表で自然と配当利回りは上昇する
事は有難い限りです。

保有株でもJT、三井物産、三井住友が増配を発表し配当利回りは5.8%を超えています。

11月下旬相場の展望

11月下旬相場の展望ですが、国内外の決算発表はピークを過ぎました。

内容についてはコロナからの復活を印象付ける好調な内容が多かったように思います。
決算を受けての株価の反応は様々でしたが、来年以降に期待が持てる決算だったと思います。

NY市場も堅調な展開が続いており年末相場へ向けて強気な展開となりそうですが、好調な
時ほど注意も必要です。

恒大集団やアメリカのインフレ懸念等、不安視されていた外部問題は現在進行形の問題です。

個人的には今年のNISA枠を使い切ってしまいましたので、様子を見ながら来年の購入候補銘柄
をじっくり選定していきたいと考えています。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました